夢の学校づくり・学校改善への実践論

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
夢の学校づくり・学校改善への実践論
(Theory of Practice for School Improvement)
単位数 2
必修・選択の区分 選択
担当教員名 武井 敦史
分担教員名 山口 久芳・山崎 保寿・渋江 かさね・島田 桂吾
授業の目標 共通科目・領域別科目で学んだ内容を統合し、「夢の学校づくり」として、自分の描く学校づくりのための校内体制を構想する。
学習内容 学校教育目標を具現化するための分掌組織や校内研修体制,生徒指導体制,効率的な学校運営など滞在校での実習から学び,学校の組織・運営をどう改善するか,学校を丸ごと捉えた教育計画書として具体的な姿で立案する.そのために,学校の組織の役割や互いを関係の理解し,教職員に意欲が出る校内体制づくりのための課題を把握し,これからの学校改善の実際について,学校を運営する中核的立場から追求する。
授業計画 【単元】夢の学校を作るには
1.子どもが楽しくまなべる夢の学校をつるための見通しを持つ.
2.夢の学校づくりに必要な要素を明らかにする.
3.学校教育目標・重点目標についての理解を深める .
4.学校の分掌組織を比較検討し,学校運営の全体をつかむ.


【単元】学校改善を目指した校内体制を作ろう
5.学校改善のための,校内研修体制の在り方を明らかにする.
6.学校改善のための,生徒指導体制の在り方を明らかにする.
7.子供を伸ばす学校行事についての年間計画を立てる.
8.学校の危機管理体制を見直す.
9.校務処理の効率化(多忙感の解消)と情報化への体制づくり.
10.学校情報の発信と学校を取り巻く地域社会からの情報受信の体制づくり.
11.自発的な活動を保証する児童会・生徒会活動の位置と在り方を明らかにする.
12.特別支援教育の全校体制を理解する.


【単元】夢の学校をつくろう
13.「夢の学校」実現への分掌組織づくりを提案する.
14.「夢の学校」全体像を構想図づくりする.(山﨑・武井・渋江)
15.「夢の学校」の発表と振り返りをする.(山﨑・武井・渋江)
※連携校の教育課程の状況により授業計画の順序を変更することがある。
実習との連携
教員間の連携
テキスト 必要に応じて、指定または配布する。
成績評価の方法 授業中の活動及びレポートに基づいて、担当教員が合議の上で判断し、S~Dで判定する。
担当教員からのメッセージ 大学院で学んだ内容をもとに、子ども一人ひとりが,夢や希望を持って、心身ともに健やかな成長のできる「夢の学校」を構想しましょう。さらなる学校改善を具体で実現できる実践力ある教師を目指しましょう。

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>