特色あるカリキュラム・マネジメントの実践

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
特色あるカリキュラム・マネジメントの実践
(Practice and Problem of Curriculum Management with Distinct Feature)
単位数 2
必修・選択の区分 選択
担当教員名 武井 敦史
分担教員名 山口 久芳・山崎 保寿・渋江 かさね・島田 桂吾
授業の目標 学校の実態に応じた特色あるカリキュラム・マネジメントの在り方を探求する。実習との往還を意図し、リフレクションを通じた内容理解を深める。授業でのディスカッションを重視し、研究文献、実践研究等、幅広く学習する。探求学習・プロジェクト学習も考慮し、課題を設定した実践的・事例的研究を行う。
学習内容 カリキュラム・マネジメントについて、新学習指導要領について、校長経験者(実務家教員)のアドバイス、特色あるカリキュラムの事例・推進者・分析方法について、キャリア教育など、カリキュラムおよびカリキュラム・マネジメントに関する研究文献について、探求学習またはプロジェクト学習の方法も適宜取り入れる。
授業計画 1.オリエンテーション、組織体制作り、プロジェクトの発足
2.カリキュラム・マネジメント(1)
3.カリキュラム・マネジメント(2)
4.新学習指導要領の特徴とカリキュラム・マネジメント
5.実習との往還・リフレクション
6.校長経験者(実務家教員)のアドバイス(1)
7.校長経験者(実務家教員)のアドバイス
8.特色あるカリキュラムの事例・推進者・分析方法について(1)
9.特色あるカリキュラムの事例・推進者・分析方法について(2)
10.高度化への対応と教育施策の把握
11.キャリア教育・特色あるカリキュラム経営の研修教材の作成
12.キャリア教育・特色あるカリキュラム経営の研修教材の作成と検討
  <または、上記(1)(2)は課題を設定したプロジェクト学習を行う>
13.キャリア教育・特色あるカリキュラム経営の研修教材の活用
14.キャリア教育・特色あるカリキュラム経営の研修教材の検証
15.キャリア教育・特色あるカリキュラム経営の研修教材の適用
実習との連携
教員間の連携 研究者教員(講師)と実務家教員(教授)とが分担する。
テキスト 刊行文献・研究論文等、授業で指示。
成績評価の方法 授業態度、レポート作成。
担当教員からのメッセージ 特色あるカリキュラム・マネジメントについて共に探求し、研究的・分析的・プロジェクト的に取り組み、成果をまとめます。

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>