学校の危機管理の実践と課題

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
学校の危機管理の実践と課題
(Practice and problem of risk management in school)
単位数 2
必修・選択の区分 選択
担当教員名 島田 桂吾
分担教員名 山口 久芳・三ツ谷 三善・鎌塚 優子
授業の目標 学校の危機管理の課題解決に向けて、教育法規を意識しながら、高度な実践力と課題解決力を身に付ける。
学習内容 (1)学校・教職員と保護者と地域住民との関係性、(2)地方分権及び規制緩和と学校の公共性、(3)近年の教育政策の論点、(4)教育政策形成のプロセスについて、事例及び教育委員会へのインタビュー等の観察記録に基づいて学習する。
授業計画 【単元】教育法規の概要
1.ガイダンス(自己実践の振り返りと視点の示唆)
2.教育法規の基礎(法体系、法令の読み方、法律用語)
3.教育法規の体系(憲法、教育基本法、学校教育法等)
4.学校設置に関する法令(条例、学校管理規則等)
5.学校管理規則の分析


【単元】危機管理対応の事例検討
6.児童生徒にかかわるトラブル
7.学校事故にかかわるトラブル
8.教職員にかかわるトラブル
9.情報モラルにかかわるトラブル
10.保護者対応に関わるトラブル
11.学校の保健安全・給食にかかわるトラブル(兼担教員 鎌塚優子)
12.教職員のメンタルヘルス(兼担教員 鎌塚優子)


【単元】危機管理課題の検討(高度化のための研修教材)
13.研修教材の作成①
14.研修教材の作成②
15.研修教材のまとめ(全体発表)
実習との連携 授業の課題を連携協力校における「領域別実習」と関連させ、実習で行った体験・観察・調査を本授業で振り返る。
教員間の連携 <主担当教員>島田桂吾
1~15を分担で担当し、授業と実習との連携に配慮する。
<分担教員>山口久芳、三ツ谷三善、鎌塚優子
基本的な進め方は、主担当教員が前半で講義を行い、具体的な事例を実務家教員から説明する。
テキスト 『静岡県教育関係職員必携』(平成26年度版、8月頃発売予定)
成績評価の方法 授業中の活動、レポート、プレゼンテーションにより判断し、S~Dで判定する。
担当教員からのメッセージ 各学校の実情を踏まえた危機・危険への対処法を学び、危機管理の視点を踏まえた広い視野から同僚教師をリードする力量の育成を目指し、研究としてまとめる力量も重視します。

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>