教育政策の流れと学校論

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
教育政策の流れと学校論 
(Flow of educational policy and School theory)
単位数 2
必修・選択の区分 選択
担当教員名 山口 久芳
分担教員名 武井 敦史・島田 桂吾・梅澤 収・菅野 文彦・藤井 基貴
授業の目標 教育政策の流れを理解し、学校の公共性について考察し、教育政策形成のプロセスについて理解するとともに、学校経営を行う際に重視すべき価値を身に付ける。具体的には、学校・教職員と保護者と地域住民との関係性、地方分権及び規制緩和と学校の公共性、近年の教育政策の論点、教育政策形成のプロセスについて実例に基づき理解する。
学習内容 (1)学校・教職員と保護者と地域住民との関係性、(2)地方分権及び規制緩和と学校の公共性、(3)近年の教育政策の論点、(4)教育政策形成のプロセスについて、事例及び教育委員会へのインタビュー等の観察記録に基づいて学習する。
授業計画 1.ガイダンス(武井敦史)


【単元】学校・教職員と保護者及び地域住民
2.学校・教職員と保護者との関係の変遷を理解する。(武井敦史)
3.学校・教職員と保護者との関係について考察する。(武井敦史)
4.学校・教職員と地域住民の関係性を考察する。(菅野文彦)


【単元】地方分権及び規制緩和と学校の公共性
5.地方分権と学校の公共性について考察する。(武井敦史)
6.規制緩和と学校の公共性について考察する。(武井敦史)
7.学校の公共性について考察する。(山口久芳)
8.公教育の転換と学校経営について考察する。(武井敦史)


【単元】教育政策の論点
9.教育基本法改正について考察する。(梅澤収)
10.教職員評価・教員免許更新制・副校長、主幹教諭、指導教諭について考察する。(梅澤収)
11.学校選択制について考察する。(武井敦史)


【単元】教育政策形成と学校経営
12.教育委員会制度について理解する。(武井敦史)
13.教育委員会職員の職務と力量について理解する。(武井敦史)
14.教育政策形成プロセスについて理解する。(武井敦史)
15.教育改革の中での学校経営のビジョンを発表する。(武井敦史)
実習との連携 1)授業で学習した近年の教育政策の流れや学校論に関する概念や枠組みを持って、実習校での教育政策の浸透の在り方と課題について観察し、記述すること。
2)授業で学習した近年の教育政策の流れや学校論に関する概念や枠組みを持って、教育委員会職員に対して、インタビューを行うことにより、授業で示した概念や枠組みを振り返る。
教員間の連携 <主担当教員>
・1~15回の講義内容の準備と解説を行うとともに、議論の進行を担当する。
<分担教員>
・菅野文彦は4回目、山口久芳は7回目、梅澤収は9回目と10回目に出席し、異なる専門家の立場から講義を行う。
テキスト 授業の中で指示、配布する
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からのメッセージ 教育改革が続けられている中で、教育政策の流れと教育政策形成のプロセスを理解するとともに、学校とは何かということを深く考え、自らの学校経営の哲学を持ちましょう。

<<前の科目 | 一覧に戻る | 次の科目>>