授業における技術と判断

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
授業における技術と判断 
(Techniques and Decision-makings in Lessons)
単位数 2
必修・選択の区分 選択
担当教員名 石上 靖芳
分担教員名 益川 弘如
授業の目標 ・授業設計段階、授業実践過程における教師の意思決定の諸要素について理解を図る。
・授業で学んだことをもとに連携協力校における実習等で授業における意思決定や授業方略について実践・分析することができる。
学習内容 教師は、授業設計段階(授業デザイン)において、授業目標、授業内容、教材、学習指導法、学習活動、学習形態、メディア、学習時間の配分などの各授業構成要素を決定しなければならない。さらに、生徒の実態などを想定しながら最大限に効果を期待して授業デザインを行っている。本授業においては、これらの授業デザイン段階における教師の意思決定や授業方略について事例および先行研究を参照しながら検討を行う。また、各自が2年次アクションリサーチで収集したデータを整理、発表、検討を通して、深めるとともに方向性を定めていく。なおゼミ形式で実施するため、最低2回の発表を義務づける。
授業計画 1.ユニークな授業デザイン①
2.ユニークな授業デザイン②
3.反省的実践をどのようにして記録するか①
4.反省的実践をどのようにして記録するか②
5.逆向き設計とパフォーマンス評価
6.目標準拠評価と相対評価①
7.目標準拠評価と相対評価②
8.アクションリサーチの成果発表①
9.アクションリサーチの成果発表②
10.アクションリサーチの成果発表③
11.アクションリサーチの成果発表④
12.連携協力校研究授業の分析①(グループワーク)
13.連携協力校研究授業の分析②(グループワーク)
14.連携協力校研究授業の分析③(グループワーク)
15.まとめ
実習との連携 1)「領域別実習」における連携協力校訪問の事前検討を、本授業のグループワークとして行う。具体的には、協力校から事前に送られてきた授業案を、本授業の学習内容を活用して分析・検討する。
2)「領域別実習」もしくは「教育実践高度化実習」において実施する授業実践の授業計画を立てる。
教員間の連携
テキスト 必要に応じて、指定または配布する
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からのメッセージ 楽しくやりましょう。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>