授業の構想とその具体化

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
授業の構想とその具体化
(Instructional Design and Lesson Plans)
単位数 2
必修・選択の区分 選択
担当教員名 村山 功
分担教員名 石上 靖芳
授業の目標 授業計画に不可欠な構成要素と、構成要素間の関係を理解する。
授業計画を効果的に分析・検討するためのチェックポイントを知る。
授業計画をスムーズに授業化するための工夫を理解する。
単元内容に研修テーマを反映し、授業に具体化する方法を学ぶ。
学習内容 「目指すべき学力とその評価」、「授業と学習のメカニズム」、「授業形態の特質と選択」で学んだ内容を活用しながら、単元内容に校内研修のテーマを反映させた授業を構想し、授業計画として具体化する方法を学ぶ。
授業計画 【単元】授業計画の基本構造
1. 授業計画の構成要素 - 核となるプラン
2. 評価と指導の一体化 - つなぐプラン
3. 授業計画分析シートとチェックリスト


【単元】研修テーマの具体化
6. 小集団活動を活用する
9. 子供をみとる場面を作る
12. 児童生徒の実態を反映する


【単元】授業案検討(グループワーク)
4. 授業案の事前検討(連携校第1回訪問)
5. 授業の事後検討(連携校第1回訪問)
7. 授業案の事前検討(連携校第2回訪問)
8. 授業案の事後検討(連携校第2回訪問)


【単元】構想と具体化
14. 授業実践の計画作り − 授業計画の構想
15. 授業実践の計画作り − 授業計画の具体化
※ 連携校の研修日程によって、授業計画の順序を変更することがある。
実習との連携 1)「領域別実習」における連携協力校訪問の事前検討を、本授業のグループワークとして行う。具体的には、協力校から事前に送られてきた授業案を、本授業の学習内容を活用して分析・検討する。
2)「領域別実習」もしくは「教育実践高度化実習」において実施する授業実践の授業計画を立てる。
教員間の連携 主担当教員・分担教員が全回数を共同担当するが、具体的役割は以下の通りである。
<主担当教員>
・講義内容の準備と解説を行うとともに、議論とグループワークの進行を担当する。
<分担教員>
・異なる専門あるいは実務家の視点から、講義中の議論へ参加するとともに、グループワークの指導・支援を行う。
テキスト 必要に応じて、指定または配布する
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からの
メッセージ
授業計画とは授業前の教師の意志決定であり、これを明確に記述することが授業の力量向上や効果的な校内研修につながります。いい授業を作る仕組みを、みんなで考えていきましょう。

<<前の科目 |一覧に戻る |