障害児支援の実践的研究

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
障害児支援の実践的研究
(Practical Study of Supports for Children with Disabilities)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 岡本 康哉
分担教員名 大塚 玲
授業の目標 発達に障害のある児童生徒の行動の特徴について理解する
障害のある児童生徒を理解するための情報収集の内容と方法を習得する
支援実施のための問題の焦点化と計画の作成方法を理解する
学習内容 ①特別の教育的支援の必要な児童生徒への支援のための基本的な理論、②滞在校実習等で得た観察・実践事例のまとめを通して障害のある児童生徒の支援方法の実践的な力量を身につけることを目指す。
授業計画 1.ガイダンス
2.特別支援教育の制度(1)
3.特別支援教育の制度(2)
4.校内支援体制の構築
5.関係機関との連携
6.事例をもとに考える支援/行動問題
7.事例をもとに考える支援/行動問題
8.さまざまなタイプの障害への配慮(1)
9.事例をもとに考える支援/対人関係・社会性
10.事例をもとに考える支援/対人関係・社会性
11.さまざまなタイプの障害への配慮(2)
12.事例をもとに考える支援/学習困難
13.事例をもとに考える支援/学習困難
14.さまざまなタイプの障害への配慮(3)
15.まとめ
実習との連携 「基盤実習(滞在型)」等において気になる児童生徒を取り上げ、観察記録やエピソードをもとに事例検討を行う。
教員間の連携 主担当教員・分担教員が全回数を共同担当するが、具体的役割は以下の通りである。
<主担当教員>
実務家の視点から、講義内容の準備と解説を行うとともに、議論とケース検討の進行を担当する。
<分担教員>
研究者の視点から、講義内容の準備と解説を行うとともに、議論とケース検討の指導・支援を行う。
テキスト 必要に応じて指示する
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からの
メッセージ
特別の支援を必要とする児童生徒を支援するための理論と実践を兼ね備えた教師を目指しましょう。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>