学校と地域の協働

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
学校と地域の協働
(Collaborating School and Community)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 渋江 かさね
分担教員名 武井 敦史・山口 久芳・山崎 保寿・島田 桂吾
授業の目標 学校と地域の協働が求められる背景を理解した上で、学校と地域の両者にとって望ましい「協働」を実行して行くための力を養う。
学習内容 (1)学校と地域の協働の現状、(2)学校と地域の協働を支える理論、について、講義と参加者の事例に即して検討するグループワークを中心に行っていく。
授業計画 1. オリエンテーション
2.「学校と地域の協働」を知る①―おとなの学びを知る・地域を知る
3.「学校と地域の協働」を知る②―おとなの学びを知る・地域を知る
4.「学校と地域の協働」を知る③―おとなの学びを知る・地域を知る
5.「学校と地域の協働」を知る④―おとなの学びを知る・地域を知る
6.「学校と地域の協働」を知る⑤―おとなの学びを知る・地域を知る
7. 経験から「学校と地域の協働」を考える
8.「学校と地域の協働」について語り、聴き合う①
9.「学校と地域の協働」について語り、聴き合う②
10.「学校と地域の協働」について語り、聴き合う③
11.「学校と地域の協働」を実習校を事例に考える①
12.「学校と地域の協働」を実習校を事例に考える②
13.「学校と地域の協働」を実習校を事例に考える③
14.「学校と地域の協働」について展望する
15.まとめ
実習との連携
教員間の連携
テキスト 中村香・三輪建二編著『生涯学習社会の展開』玉川大学出版部、2012年。
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からの
メッセージ
子どもたちのために、学校と地域が協働すると何が生まれてくるのか、学校と地域の両者にとってうれしい協働の形はどのようなものかについて、みんなで一緒に考えていきましょう。そして、一緒に考えるという体験を積み重ねる中で、人と人、組織と組織をつなぐコーディネート力を養っていきましょう。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>