学校経営の実践と課題

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
学校経営の実践と課題
(Theory and Practice of School Management)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 武井 敦史
分担教員名 山口 久芳・山崎 保寿・渋江 かさね・島田 桂吾
授業の目標 学校経営に関する理論と実践について基本的事項の獲得を図るとともに、応用・実践力を身に付ける。具体的には、教師の力量形成のあり方や専門性に対応した力量形成支援のあり方、学校の組織的特徴に基づいた組織化の方法、リーダーの役割と思考のあり方、保護者・地域との連携の方法について実例に基づき理解する。
学習内容 (1)教師の力量形成と専門性に対応した力量形成支援のあり方、(2)学校の組織的特徴に基づいた組織化の方法、(3)リーダーの役割と思考のあり方、(4)保護者・地域との連携の方法について、事例及び実習校での観察記録に基づいて学習する。
授業計画 【単元】「経営」と組織マネジメント
1.「経営」とはなにか
2.日本の学校組織と組織マネージメント
3.学校の組織マネジメントの考え方(1)組織マネジメントとは
4.学校の組織マネジメントの考え方(2)SWOT分析と学校ビジョン展開シート


【単元】著書を使った校長の経営ビジョン分析
5.校長の仕事
6.校長の経営ビジョン分析(1)
7.校長の経営ビジョン分析(2)
8.校長の経営ビジョン分析(3)


【単元】学校経営戦略の実際
9.インタビュー調査の準備(1)
10. インタビュー調査の準備(2)
11. インタビュー結果の分析(1)
12.インタビュー一結果の分析(2)


【単元】教育委員会のしくみとその課題
13.教育委員会のしくみ
14. 教育委員会の現実
【単元】授業総括
15. 授業のまとめと課題
実習との連携 1)授業で示した概念や枠組みを持って、実習校の学校経営のあり方について観察し、記述すること。
2)実習校で、校長、教頭、教務主任等の一日を観察するとともに、インタビューを行うことにより、授業で示した概念や枠組みを振り返る。
教員間の連携
テキスト 特になし
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上判定する。
担当教員からの
メッセージ
教育という営みや教師の仕事の特徴、教師の専門性に基づいた学校経営のあり方を踏まえつつ、組織としての能力を高められる力量を身につけましょう。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>