学級経営の実践と課題

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
学級経営の実践と課題
(Theory and Practice in Classroom Management)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 原田 年康
分担教員名 原田 唯司・石田 純夫
授業の目標 学級経営の現状や今日的課題について整理し、今必要な学級経営の姿に向けての実践力を身につける。
学習内容 学級や子どもの現状についてディスカッションを通じて理解した上で、子どもにとって居場所感が実感できる学級経営の在り方を共に見つけていく。
授業計画 1.ガイダンス
【単元】現状分析
2.学級の存在意味と現状、居場所感に関する講義
3.現状分析①(中学校)(ディスカッションにより課題を共有する。)
4.現状分析②(小学校)(ディスカッションにより課題解決の方向を探る。)
5.学級経営の事例を基にした検討①(小学校事例)
6.学級経営の事例を基にした検討②(小学校事例)
7.小学校(学級)訪問
8.学級経営の事例を基にした検討③(中学校事例)
9.学級経営の事例を基にした検討④(中学校事例)
10.中学校(学級)訪問 


【単元】今日的学級経営の在り方
11.子ども個々の居場所感のある学級づくり①(提案、ディスカッション)
12.子ども個々の居場所感のある学級づくり②(提案、ディスカッション)
13.保護者との連携を図った学級経営について考える(提案、ディスカッション)
14.学級経営と評価の関連について考える(提案、ディスカッション)


【単元】まとめ
15.学級経営実践家による講義

実習との連携 「基盤実習(滞在型)」で受け止めた、学級や子どもの姿を事例として活用する.
教員間の連携 <主担当教員>
・主担当は実務家教員であり、豊富な経験からの事例と自己理論を伝えながら進行していく。
<分担教員>
・実務家教員及び研究者教員として異なる視点から、事例解釈や理論的背景の解説を行う。
テキスト なし
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からの
メッセージ
学級だけでなく、子どもが集団に居場所感や安心感を抱くことができ難くなってきています。皆でこの大きな課題に対して話し合っていきたいと思います。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>