子どもの姿と生徒指導の今日的課題

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
子どもの姿と生徒指導の今日的課題
(Pupils Guidance in Contemporary School Situation)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 石田 純夫
分担教員名 原田 唯司、太田 正義
授業の目標 ・生徒指導の現状と課題を実際の子どもの姿から見つけ、共有する。
・子どもの行為とその心理を理解する。
・生徒指導の今日的課題への対応力を身につける。
学習内容 ・基盤実習(滞在型実習)で見たり感じたりした事を出し合い、話し合う。
・話し合った事の中から生徒指導の今日的課題を明らかにし、それに対する自己の考えを明確化する。
授業計画 【単元】課題の明確化
第1回  見通し 「今日的な課題」の共有 
第2回  講義とディスカッション 発達論
第3回  講義とディスカッション 課題からその背景を視る。①
第4回  講義とディスカッション 課題からその背景を視る。②
第5回  講義とディスカッション 課題からその背景を視る。③ 
第6回  講義とディスカッション 課題からその背景を視る。④ 


【単元】課題の共有 
第7回  グループワーク     実習から見つけた課題を共有する。
第8回  グループワーク     課題を整理する。
第9回  グループワーク     課題を整理する。
第10回  全体振り返り       課題を共有する。


【単元】課題の深化
第11回  講義「今日的な課題」  各大学教員から① 
第12回  講義「今日的な課題」  各大学教員から② 
第13回  個人発表「今日的な課題」各院生から①   
第14回  個人発表「今日的な課題」各院生から② 
第15回  個人発表「今日的な課題」各院生から③
実習との連携 滞在校で受け止めた、様々な事柄や気持ちが授業で生かされるようにする。また、大学の授業内容が生かされて滞在校実習が行われるようにしたい。
教員間の連携 <主担当教員>
・今日的事例提供や学校における課題提示、全体の進行等を行う。
<分担教員>
・事例への理論的アプローチ、行為の心理的分析及び理論的解説を行う。
テキスト なし
成績評価の方法 ディスカッションにおける姿勢や主張内容、発表会の内容などに基づいて、担当教員の合議の上でS~Dで判定する。
担当教員からのメッセージ 生徒指導の課題を子どもの姿を通して見つけ、その理論的な背景を理解しながら皆で改善方法を考えていく時間です。学校現場のリアルな事例を基にディスカッションをしていきます。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>