授業形態の特質と選択

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
授業形態の特質と選択
(Feature and Application Method of Classroom Activities)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 益川 弘如
分担教員名 村山 功・石上 靖芳
授業の目標 授業の効果を高める様々な授業形態を知る。
それぞれの授業形態の特質を整理して利点欠点説明できる。
授業内容・単元に合わせて効果的な授業形態を提案できるようになる。
学習内容 TT、少人数指導、習熟度別編成、小集団活動など、授業の形態は多様化しつつある。こうした授業形態は次第に普及してきたが、いつどこでどの授業形態を採用すればよいかという点では、試行錯誤状態が続いている。本科目では、さまざまな授業形態の長所・短所、前提条件、学習内容との適合性などを理解し、授業内容に合った授業形態を選択できるようにする。「授業形態の特質と選択」「目指すべき学力とその評価」と連動させながら、それぞれの授業形態の特質とその利点欠点を学び、授業の目標や内容に応じて適切な授業形態を選択するための一覧表を作成する。そして一覧表を元に「基盤実習」で観察した授業の評価や改善案を検討する。
授業計画 【単元】様々な授業形態の形式を知る(各種グループ学習法、少人数指導、習熟度別指導、TT、ICT・メディア活用授業、ワークシート活用、等)
1.各授業形態の資料をグループで分担して整理し発表準備をする
2.グループを組み替え担当資料を相互発表・各授業形態の利用場面を議論する
3.各授業形態の利用場面を踏まえ、一覧表として体系的にまとめる


【単元】授業案・授業観察から授業形態の選択方法を考える
4.授業案を検討し、適切な授業形態かどうか議論する
5.訪問実習後、授業形態に見合った学習活動が起きていたか評価、議論し、別の授業形態だとどうなるかについて考えまとめる


【単元】各授業形態の特質の理解を深める
6.グループに分かれて担当授業形態の特質を、学習のメカニズムの観点から考察してまとめ直す
7.グループを組み替え担当授業形態の特質を相互発表・学習のメカニズムの観点から利点と欠点を議論し一般化する
8.各授業形態の特質を元に、有効無効な場面や内容との対応を議論し整理する
9.授業形態の特質に基づき体系的に整理して一覧表としてまとめる


【単元】授業案・授業観察から授業形態の特質を踏まえた上で選択方法を考える
10.授業案を検討し適切な授業形態か、一覧表を元に検討する
11.訪問実習後、授業形態の特質に見合った学習活動が起きていたか評価した上で
別の授業形態選択による効果と改善案を考えてまとめる


【単元】授業形態を適切に選択する方法を再考する
12.授業において必然的な授業形態を選択するための条件を、「基盤実習」で観察してきた複数の授業を元に議論する
13.授業目標と授業形態、授業展開と授業形態の対応関係について観察した授業を元に議論する
14.目指すべき学力、児童生徒の学習活動の形成的評価に見合った授業形態の選択について観察した授業を元に議論する。
15.議論に基づき、授業形態を体系的に整理した一覧表を再構築し、授業形態の特質とその特質に見合った選択方法が一覧できるようにする。
実習との連携 基盤実習(訪問型)における連携協力校訪問の事前検討を本授業のグループワークとして行う。具体的には、協力校から事前に送られてきた授業案を、本授業の学習内容を活用して分析・検討する。また実習観察の結果を元に、本授業の学習内容を活用して分析する。
教員間の連携 主担当教員・分担教員が全回数を共同担当するが、具体的役割は以下の通りである。
<主担当教員>
・講義内容の準備と解説を行うとともに、議論とグループワークの進行を担当する。(益川)
<分担教員>
・異なる専門あるいは実務家の視点から、講義中の議論へ参加するとともに、グループワークの指導・支援を行う。(村山・石上)
テキスト 必要に応じて、指定または配布する。また、協調学習支援システムを利用する。
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からの
メッセージ
授業形態には様々なスタイルがあります。特に現職大学院生はこれまでの経験の積み重ねから特定の授業形態に偏りがちです。今一度、様々な授業形態と特質を整理し、必要に応じて効果的な授業形態を選択できる、または同僚に紹介できるようになりましょう。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>