新学習指導要領とカリキュラム経営

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>

授業科目名
(英訳名)
新学習指導要領とカリキュラム経営
(New Course of Study and Curriculum Management)
単位数 2
必修・選択の区分 必修
担当教員名 武井 敦史
分担教員名 山口 久芳・山崎 保寿・渋江 かさね、島田 桂吾
授業の目標 カリキュラム経営の課題解決に向けて、「基盤実習」との往還をつくりながら、新学習指導要領の方向に添い、理論を踏まえた高度な実践力を身に付ける。必要に応じて統計的検証の方法を示すが、その場合、ノートパソコンを用意すること。
学習内容 カリキュラム経営の理論的考察と事例の分析を中心に、新学習指導要領の動向を踏まえ、課題解決に向けてグループ活動を取り入れて学習する。そのために、カリキュラム経営の実践および新学習指導要領の内容を分析する場面で、グループをまとめたりリーダーとして活動する。また、実習校のカリキュラム・マネジメントの特徴と課題を記述・説明し、自己実践報告書を作成する。カリキュラム経営の課題解決に関するプレゼンテーションで、有効な課題解決方策を示す。統計的方法について説明する場合もある。
授業計画 【単元】カリキュラム経営の実践と考察の視点、統計的方法を指導する場合は随時示す(以下同じ)。
1.ガイダンス(自己実践の振り返りと視点の示唆) 
2.教育課程およびカリキュラム経営に関する基礎理解
3.教育課程およびカリキュラム経営に関する自己実践の振り返り(兼担教員)
4.自己実践の振り返りと研究的分析枠に関する示唆
5.カリキュラム経営に関する実践的研究の分析枠組み


【単元】新学習指導要領の理解(ディベートまたはパネルディスカッションを含む)
6.新学習指導要領の理解およびカリキュラム経営の新しい方向
7.新学習指導要領の分析に基づく実践的展望(兼担教員:杉山孝)
8.新学習指導要領の分析から導かれる実践的課題
9。新学習指導要領の分析に関する発表・討論


【単元】カリキュラム経営の課題解決
10.新学習指導要領およびカリキュラム経営に関する行政施策の分析
11.カリキュラム経営に関する現状課題の分析とまとめ
12.カリキュラム経営に関する課題解決に向けた方策
13.カリキュラム経営に関する高度化対応研修教材の開発
14.カリキュラム経営に関する高度化対応研修教材の検討
15.高度化対応研修教材の活用検討
実習との連携 授業の課題を連携協力校における「基盤実習」と関連させ、実習で行った体験・観察・インタビュー結果を本授業で振り返る。
教員間の連携 <主担当教員>武井 敦・研究者教員(講師)
1~15を分担で担当し、授業と実習との連携に配慮する。
<分担教員>実務家教員(教授)・研究者教員(講師)
7・15を担当する。実務家教員として、研究者教員と連携して授業に参加し、主に実習の振り返りを担当する。授業内容および担当の関係で、月56以外の時間や集中講義の時間等を活用する。
テキスト 総合教育技術『最新教育基本用語』小学館、2002年
山崎保寿・黒羽正見『教育課程の理論と実践』学陽書房、2005年
山崎保寿編『教務主任の仕事術』教育開発研究所、2012年
成績評価の方法 授業中の活動とレポート内容に基づいて、担当教員の合議の上、S〜Dで判定する。
担当教員からの
メッセージ
新学習指導要領について理解し、各学校の実情を踏まえたカリキュラムを編成・評価する力量を身につけるとともに、同僚教師をリードし、コーディネートする力量の育成を目指します。文献収集力、研究としてのまとめ力も重視します。

<<前の科目 |一覧に戻る |次の科目>>