成人の学習の事例と理論

授業科目名 成人の学習の事例と理論
(Case and Theory in Adult Education)
担当教員名 渋江 かさね
(SHIBUE Kasane)
所属等 学術院教育学領域
研究室 教育学部I棟104
分担教員名 武井 敦史
学期 前期
必修選択区分 選択
対象学年 2年
単位数 2
曜日・時限 火7・8
キーワード 省察的実践研究、学びあうコミュニティ、ラウンドテーブル、実践(学習)記録
授業の目標 1.教員として以下①~③を願っての「実践」に取り組んでいく上で必要な力量を形成するとともに、こうした実践を支える理論を理解する。
①みずからが「学び続ける教員」であり続ける、同僚が「学び続ける教員」であることを支える。
②「個人実践家」ではなく、「学びあうコミュニティを培う実践家」となる。
③「学校における組織力の向上」や「学校と地域の連携」に、スクールリーダーとして取り組んでいく。
2.研究のあり方を問い直し、「実践者であり研究者である教師」になるために、省察的実践研究への理解を形成していく。
3.実践を「書く」(記録化する)ことを通して、自らの実践の価値を確認するとともに、その価値が人に伝わるような「書く力」を形成していく。
学習内容 「学び続ける教員」であり続けるための教員の学びあい、学校を創るための教員の学びあい、省察的実践研究について、みずからの経験、文献・実践記録などを基に理解を深めることを、個人学習と共同学習によって進めていきます。
授業計画 1.オリエンテーション・イントロダクション
2.若手教員の資質能力の向上①
3.若手教員の資質能力の向上②
4.若手教員の資質能力の向上③
5.アクションリサーチの報告と議論①
6.アクションリサーチの報告と議論②
7.アクションリサーチの報告と議論③
8.アクションリサーチの報告と議論④
9.アクションリサーチの報告と議論⑤
10.アクションリサーチの報告と議論⑥
11.アクションリサーチの報告と議論⑦
12.アクションリサーチの報告と議論⑧
13.教員・大学院生としての実践記録を執筆する
14 教員・大学院生としての実践記録を紹介しあう①
15.教員・大学院生としての実践記録を紹介しあう②
※授業計画は受講者や学習の状況に応じて変わることもあります。
受講要件 とくにありません。
テキスト ありません。
参考書 Reflective Critical Journals as a Teacher and Adult Learner(2017)
その他、授業の中で適宜紹介します。
予習・復習について 予習:①アクションリサーチの報告のための準備、②文献を読むことやミニレポートを書くことを、事前におこなってもらうことがあります。
復習:アクションリサーチの報告を実施して/聞いて学んだことを、必要に応じて簡単にまとめてもらうこともあります。
成績評価の方法・基準 授業中のグループワークへの取り組み、ミニレポート、最終レポートで総合的に評価します。
オフィスアワー メールでアポイントメントをお願いいたします。
担当教員からのメッセージ みずからの学習を「おとな」の学びとして進めていける力をつけていきましょう。
それぞれの受講者がもつ問題意識や問いについて、少しでも自分事としてとらえていけるよう、学習を進めていきましょう。