授業デザインとその開発・評価

授業科目名 授業デザインとその開発・評価
担当教員名 町 岳
(MACHI Takeshi)
所属等 学術院教育学領域
研究室 教育学部A棟411
分担教員名 山城 拓也
学期 前期
必修選択区分 選択
対象学年 2年
単位数 2
曜日・時限 木3・4
キーワード 主体的・対話的で深い学び、授業デザイン、協同学習、アクション・リサーチ
授業の目標 ・次期学習指導要領のキーワードの一つ、授業改善の視点である「主体的・対話的で深い学び」について、その理論的背景と、それを実践するための授業デザインについて、実践を通して理解する。
・2年次にそれぞれの実習先で取り組もうとするアクション・リサーチを、どのように実践していくかについて探究していく。
学習内容 ・次期学習指導要領のキーワードの一つ、授業改善の視点である「主体的・対話的で深い学び」について、その理論的背景と、それを実践するための授業デザインについて、実践を通して理解する。
・2年次にそれぞれの実習先で取り組もうとするアクション・リサーチについて、各自の研究計画を検討しあったり、それを事例として様々な研究方法について学ぶことで、アクション・リサーチをより効果的に行うことができるようにする。
授業計画 <主体的・対話的で深い学びを生成する授業デザイン>
1 「主体的・対話的で深い学び」を支える理論的背景
2 「主体的・対話的で深い学び」における認知深化のプロセス
3 「主体的・対話的で深い学び」を生成する授業をデザインする
4 「主体的・対話的で深い学び」の授業を研究する
5 「主体的・対話的で深い学び」と授業実践①
6 「主体的・対話的で深い学び」と授業実践②
7 「主体的・対話的で深い学び」と授業実践③
8 「主体的・対話的で深い学び」と授業実践④

<アクション・リサーチにむけた検討と授業研究法>
9 アクション・リサーチに向けて(各自のテーマと概要)
10 アクション・リサーチにおける研究デザイン
11 アクション・リサーチにおける質的研究①
12 アクション・リサーチにおける質的研究②
13 アクション・リサーチにおける量的研究①
14 アクション・リサーチにおける量的研究②
15 アクション・リサーチに向けて(まとめ)

受講要件 教職大学院に在籍する2年生のみ受講可能
テキスト 必要に応じて、指定または配布する
参考書 必要に応じて、指定または配布する
予習・復習について 各自のアクション・リサーチにむけた計画を、説明する資料の準備が必要になる場合は、それに備えてください。
成績評価の方法・基準 授業中の活動及びレポート各50%
オフィスアワー 特に設定しないが、必要に応じて随時受け付ける
担当教員からのメッセージ 主体的・対話的で深い学びを構成する授業デザインや、アクション・リサーチの計画や具体的内容・方法について、理解を深めていきましょう。