学校に応じた教育実践の評価

授業科目名 学校に応じた教育実践の評価
(Evaluation of educational practice suitable for individual schools)
担当教員名 石上 靖芳
(ISHIGAMI Yasuyoshi)
所属等 学術院教育学領域
研究室 教育学部A棟408
分担教員名 村山 功、町 岳、山城 拓也
学期 後期
必修選択区分 選択
対象学年 2年
単位数 2
曜日・時限 木5・6
キーワード アクションリサーチ、質的研究、量的研究、データ分析
授業の目標 ・2年次で各学校において取り組んでいるアクションリサーチについて、収集したデータを整理・分析し、検討を通して深めていく。
・成果報告書作成へ向け、文書構成、論点の明確化を図っていく。
学習内容 2年次で各学校において取り組んでいるアクションリサーチに関して、参与観察、インタビュー方法、アンケート方法等のデータ収集の方法について検討する。また、収集したデータに関して、質的分析、量的分析等の方法論について学習する。先行研究等のレビュー等についても、成果報告書の作成において必要になるため取り扱う。
授業計画 1.アクションリサーチにおける主題設定①
2.アクションリサーチにおける主題設定②
3.アクションリサーチにおけるデータの収集方法(参与観察)①
4.アクションリサーチにおけるデータの収集方法(インタビュー方法)②
5.アクションリサーチにおけるデータの収集方法(質問紙調査の方法)③
6.データの分析方法 質的研究 (M-GTA)
7.データの分析方法 質的研究 (発話分析)①
8.データの分析方法 質的研究 (発話分析)②
9.データの分析方法 質的研究 (統計処理)①
10.データの分析方法 量的研究 (統計処理)②
11.アクションリサーチの報告①
12.アクションリサーチの報告②
13.アクションリサーチの報告③
14.アクションリサーチの報告④
15.まとめ
受講要件 教育方法開発領域に所属する2年生のみ受講可能
テキスト 必要に応じて、指定または配布する
参考書 必要に応じて、指定または配布する
予習・復習について ゼミ形式で実施する場合が多いので、資料等を作成して授業に参加すること
成績評価の方法・基準 授業中の活動及びレポート
オフィスアワー 特に設定しないが、必要に応じて随時受け付ける
担当教員からのメッセージ 質の高い成果報告書を作成するために、多いに議論し主題やテーマに迫っていきましょう。