子どもが苦戦する諸問題の理解と教師の対応

授業科目名 子どもが苦戦する諸問題の理解と教師の対応
(How to Understand and Care problem behaviors of children as a Teacher ?)
担当教員名 原田 唯司
(HARADA Tadashi)
所属等 学術院教育学領域
研究室 教育学部A棟405
分担教員名 伊田 勝憲、鈴木 秀志
学期 後期
必修選択区分 選択
対象学年 1年
単位数 2
曜日・時限 木3・4
キーワード ケースメソッド、いじめ、不登校、発達障がい、虐待、校内支援体制
授業の目標 いわゆる「生徒指導上の諸問題」のうちでとくに学校教育現場で的確な対応が求められる“子どもが苦戦する諸問題”についてより正確に理解・解釈し,学校教育教員としてより適切な支援策を企画・遂行する能力(課題理解・対応能力)の獲得・強化を目指す。
学習内容  学校教育教員として遭遇する“子どもが苦戦する問題”の理解と対応策についてより適切な見解を持つことができること.現職大学院生はそれに加えて,今後出会う可能性のある“子どもが苦戦する問題”のより確実な見立てに基づいて,適切な支援目標・計画を立案し,関係者・関係機関との連携も含め,支援の実践に取り組むことができることを目標とする。
 そのために,①コースデザイン及び総合的事例検討(ケースメソッド)のねらい,内容,進め方などに関する基本的事項,②具体的ケース,及び③ケースの見立てと対応策の検討に資する理論や研究成果に関する資料に基づいて,討論型の授業を実施する。
 授業は,①や③に関する授業担当者からの説明のほかに,主として②の具体的なケースに関する受講者同士及び授業担当者を交えた討論から構成される。
授業計画 1.オリエンテーション:コースデザインの説明,ケースメソッド教育概説
2.当事者研究①
3.当事者研究②
4.ケースメソッド①
5.①の解説・資料に基づく説明:マイナス感情の処理
6.ケースメソッド②
7.②の解説・資料に基づく説明:いじめ
8.ケースメソッド③
9.③の解説・資料に基づく説明:発達障害の特性理解
10.ケースメソッド④
11.④の解説・資料に基づく説明:不登校
12.ケースメソッド⑤
13.⑤の解説・資料に基づく説明:虐待
14.ケースメソッド⑥
15.⑥の解説・資料に基づく説明:校内体制づくり
受講要件 なし
テキスト とくにない。参考資料は適宜紹介する。
参考書 なし
予習・復習について とりああげる予定の「生徒指導上の諸問題」に関する参考書に目を通しておくこと。
成績評価の方法・基準 下記評価項目における達成度を討論への参加状況やレポートにより判断し、S~Dで判定する。
(1)グループワークや討論への参加の質と内容
(2)課題レポートの内容
オフィスアワー 随時可能。ただし、事前にメールにてアポイントメントを取ること。
担当教員からのメッセージ 単に生徒の個々人の問題を解決することだけでなく、それを通して、教育のあり方(授業や生徒指導のあり方)や可能性について、一緒に考えていきましょう。