目指すべき学力とその評価

授業科目名 目指すべき学力とその評価
(Competence and its Evaluation)
担当教員名 村山 功
(MURAYAMA Isao)
所属等 学術院教育学領域
研究室 教育学部L棟205
分担教員名 山城 拓也
学期 前期
必修選択区分 必修
対象学年 1年
単位数 2
曜日・時限 火3・4
キーワード 学習指導要領、PISA、全国学力・学習状況調査、資質・能力
授業の目標 PISA及び全国学力・学習状況調査における学力観と評価方法を知る
調査結果を活用して、学校の現状を把握し改善する方法を学ぶ
教科で学ぶ内容の基準について理解する
学習内容 PISAや全国学力・学習状況調査の背景となる学力観やテスト問題の考察を通して、目指すべき学力とその評価方法について学ぶ。また、それに基づいて従来の学力観や評価に対する批判的検討を行い、学校改善の方向性を考察する。
授業計画 1.ガイダンス - あなたの考える学力とは
2.学習指導要領概説、PISA調査
3.現行学習指導要領とつけるべき学力をつける授業
4.全国学力・学習状況調査と都道府県の取り組み
5.新学習指導要領の概要 - 資質・能力
6.新学習指導要領の概要 - 教科の特質に応じた見方・考え方
7.新学習指導要領の概要 - カリキュラム・マネジメント
8.資質・能力の評価方法
9.授業改善のための課題駆動型校内研修
10.学力を考える手がかり:知識の手続きと構造化
11.学力を考える手がかり:人間にとってのカテゴリー
12.学力を考える手がかり:動機づけ
13.指導を考える手がかり:ワークショップ型授業
14.指導を考える手がかり:自己調整学習
15.評価を考える手がかり:知識構成型ジグソー法における評価
受講要件 なし
テキスト 必要に応じて、指定または配布する
参考書 なし
予習・復習について なし
成績評価の方法・基準 授業中の活動とレポート内容に基づいて、S~Dで判定する。
オフィスアワー メールでアポイントメントをとること
担当教員からのメッセージ 学力論や評価論の内容はもちろんのこと、それらを支えている統計的手法についても、「簡単に」紹介します。