教職実践研究方法論

授業科目名 教職実践研究方法論
担当教員名 三ツ谷 三善
(MITSUYA Mitsuyoshi)
所属等 学術院教育学領域
研究室
分担教員名 武井 敦史、渋江 かさね、島田 桂吾、担当教員(未定)、石上 靖芳、村山 功、町 岳、山城 拓也、原田 唯司、鈴木 秀志、伊藤 公介、伊田 勝憲、大塚 玲、岡本 康哉
学期 通年
必修選択区分 必修
対象学年 1年
単位数 2
曜日・時限 集中
キーワード 教職大学院、教職キャリア、文献検索、研究手法、プレゼンテーション
授業の目標 1.教職キャリアをデザインすることができるようになる。
2.アクションリサーチの基礎的な技法を使うことができるようになる。
3.学習を深くふり返ることができるようになる。
4.分かりやすく伝えることができるようになる。
学習内容 ・教職キャリアデザインでは、現職教員と学部卒学生はそれぞれねらいが異なる。現職教員は、これまでの教職経験をふり返るとともに、社会環境の変化の中で教職キャリアをデザインする。学部卒学生は、学部時代の教育実習等をふり返りながら、教員として必要となる最低限の知識やコミュニケーション能力の向上をはかる。
・方法論では、各種データベースの利用方法を身に付けた上で、領域ごとに分かれてテーマ選定や研究方法論について学習する。
・各報告会に参加し、研究の深化を促す「問い」の立て方や、分かりやすく伝える方法を実践する。
授業計画 1 文献検索の方法(附属図書館6階セミナールームで実施)
2 【現職】派遣大学院生のミッション①
  【学卒】教師像を探る
3 【現職】派遣大学院生のミッション②
  【学卒】学習履歴をふり返る
4 【現職】大人の学びを考える①
  【学卒】教師の仕事
5 【現職】大人の学びを考える②
  【学卒】教師を目指す
6 【現職】キャリアデザインシートの作成
  【学卒】ふり返り①
7 【現職】キャリアデザインシートの作成
  【学卒】ふり返り②
8 アクションリサーチの準備①(2年次生構想発表会に参画する)
9 アクションリサーチの準備②(テーマ設定方法、8月頃を予定)
10 アクションリサーチの準備③(先行研究の探し方、研究倫理など、8月頃を予定)
11 統計手法の基礎①(夏季集中講義期間に実施予定)
12 統計手法の基礎②(夏季集中講義期間に実施予定)
13 統計手法の基礎③(夏季集中講義期間に実施予定)
14 統計手法の基礎④(夏季集中講義期間に実施予定)
15 プレゼンテーションの実施(1年次生報告会)
受講要件 教育実践高度化専攻1年生
テキスト 【学卒】元兼正浩『教職論エッセンス』花書院、2015年
参考書 小笠原喜康『新版 大学生のためのレポート・論文術』講談社現代新書、2009
藤原文雄・露口健司・武井敦史編著『学校組織調査法』学寿出版、2010 など
予習・復習について 適宜指示する
成績評価の方法・基準 平常点
オフィスアワー 個別に対応しますので、連絡を取りたい教員にメール等でアポイントを取って下さい。
担当教員からのメッセージ 不定期で実施するため、日程等のアナウンスに注意してください。