子どもの姿と生徒指導の今日的課題

授業科目名 子どもの姿と生徒指導の今日的課題
(Pupils Guidance in Contemporary School Situation)
担当教員名 伊藤 公介
(ITO Kosuke)
所属等 学術院教育学領域
研究室
分担教員名 原田 唯司、鈴木 秀志、伊田 勝憲
学期 前期
必修選択区分 必修
対象学年 1年
単位数 2
曜日・時限 木5・6
キーワード
授業の目標 生徒指導の現状と課題を実際の子どもの姿から見つけ、共有する。
子どもの行為とその心理を理解する。
生徒指導の今日的課題への対応力を身につける。
学習内容 生徒指導の今日的な課題を、様々な「入口」から検証していく。
検証の方法を工夫して、受講生が興味・関心を抱き、自らの問題としてとらえることができるよう配慮する。
授業計画 第1回 オリエンテーション 本科目の意図、内容構成、講義 ディスカッション
第2回 課題の整理と講義  ディスカッション
第3回 課題の整理と講義  ディスカッション
第4回 課題の整理と講義  ディスカッション
第5回 課題の整理と講義   ディスカッション
第6回 課題の整理と講義  ディスカッション
第7回 グループワーク 実習から見つけた課題を共有
第8回 グループワーク 実習から見つけた課題を共有
第9回 グループワーク 実習から見つけた課題を共有
第10回 大学教員による提案授業(於 高校)
第11回 振り返り(於 大学)
第12回 講義(機能する生徒指導体制づくり)
第13回 実践事例に関するディスカッション
第14回 実践事例に関するディスカッション
第15回 講義(スマホ等のネット・コミュニケーション光と闇)
   
【教員間の連携】
<主担当教員>
・今日的事例提供や学校における課題提示、全体の進行等を行う。
<分担教員>
・事例への理論的アプローチ、行為の心理的分析及び理論的解説を行う。
・パネリスト
受講要件 なし
テキスト なし
参考書 授業の中で紹介する。
予習・復習について なし
成績評価の方法・基準 ディスカッションにおける姿勢や主張内容、発表会の内容などに基づいて、担当教員の合議の上でS~Dで判定する。
オフィスアワー 随時可能
担当教員からのメッセージ 生徒指導の課題を子どもの姿を通して見つけ、その理論的な背景を理解しながら皆で改善方法を考えていく時間です。学校現場のリアルな事例を基にディスカッションをしていきます。