特別支援教育領域別実習

授業科目名 特別支援教育領域別実習
(Domain Specific Practice on Special Support Education)
担当教員名 大塚 玲
(OTSUKA Akira)
所属等 学術院教育学領域
研究室 教育学部K棟302
分担教員名 岡本 康哉
学期 後期
必修選択区分 選択必修
対象学年 1年
単位数 3
曜日・時限 集中
キーワード 実践
授業の目標 障害種別や障害程度に応じた教育課程の編成、一人ひとりの教育的ニーズに応える個別の指導計画・教育支援計画の作成、発達段階や個の状況に即した授業の改善、さらには、特別支援学校の地域におけるセンター的役割など、特別支援領域の固有の課題・テーマに関して現状の把握と課題の抽出を行い、それらに基づいてテーマ・課題に関する改善プランをまとめることができる。
学習内容 講話や学校経営書など関係資料によって、教育課程の編成、個別の指導計画・教育支援計画、校内研修(授業改善)、地域におけるセンター的役割などについて、現況と課題をアセスメントする。
授業構想、授業案の作成、授業(教育実践)の参与観察、及び担当教師との協議を通して、成果や課題、改善策等を検討・提案する。
【実習との連携】
特別支援教育領域で開講される選択科目と連動させる。
授業計画 (事前学習として、大学教員による、特別支援教育の諸課題についての現況についての講義、及び受講学生の課題意識の確認を行う。)
【単元】教育課程の編成と個別の指導計画の作成
1.授業担当教師による現況説明、受講学生による課題意識の説明、打ち合わせ  
2.授業(教育実践)の参与観察
3.個別の指導計画の作成
4.授業後の授業担当教師、大学教員との意見交換
【単元】個別の指導計画から授業づくりへ
1.授業担当教師による現況説明、受講学生による課題意識の説明、打ち合わせ  
2.授業構想、学習指導案の作成
3.授業(教育実践)の参与観察
4.授業後の授業担当教師、大学教員との意見交換
【単元】授業の改善
1.授業担当教師による現況説明、受講学生による課題意識の説明、打ち合わせ
2.授業構想、学習指導案の作成
3.授業(教育実践)の参与観察
4.授業後の授業担当教師、大学教員との意見交換
【単元】特別支援学校の地域におけるセンター的役割
1.担当教師による現況説明、受講学生による課題意識の説明、打ち合わせ
2.地域の小学校(中学校)への訪問<授業(教育実践)の参与観察>
3.授業後の授業担当教師、大学教員との意見交換
(事後学習として、リフレクション、討議(意見交換)、まとめ<報告書の作成>を行う。)
【単元】教員間の連携
1.特別支援教育コーディネーターの役割
2.校内体制の整備
受講要件 なし
テキスト 必要に応じて、指定または資料を配布する。受講学生自らが積極的に資料の蒐集をしてほしい。
参考書 なし
予習・復習について なし
成績評価の方法・基準 学校における実習の活動及び単元ごとのレポートについて、担当教員が合議の上でS~Dで判定する。
オフィスアワー メールでアポイントをとること。
担当教員からのメッセージ 教育現場の様々の課題を直接に体験することで、一人ひとりの教育的ニーズを把握し、課題を克服するために必要な知識と技能が磨けるように、教育現場の教師、子どもたちとのコミュニケーションを重要にしていきましょう。