学校改善力育成実習

授業科目名 学校改善力育成実習
(Advanced Practice on Promoting Teacher’s Abilities for School Improvement)
担当教員名 三ツ谷 三善
(MITSUYA Mitsuyoshi)
所属等 学術院教育学領域
研究室
分担教員名 武井 敦史、渋江 かさね、島田 桂吾、石上 靖芳、村山 功、町 岳、山城 拓也、原田 唯司、鈴木 秀志、伊藤 公介、伊田 勝憲、大塚 玲、岡本 康哉、小岱 和代
学期 通年
必修選択区分 選択必修
対象学年 2年
単位数 4
曜日・時限 集中
キーワード 新人教員、学校づくり、成果報告、学校改善
授業の目標 それまでの科目履修で獲得した知識・技法をベースに、連携協力校・附属学校をフィールドとして、大学院生個々の追究テーマを定め、具体的計画を策定し、実践し、評価するというPDCAサイクル型の取組を経験することを通して、実習校の特色や個性に応じた学校改善の実践を経験し、新しい学校作りの担い手にふさわしい実践的指導力を身に付ける。
学習内容 (1)追究テーマに関する現状・実態の把握、(2)適切で具体的な実践計画の策定、(3)実践のリフレクションと評価、(4)取組全体の評価、に関する知識と方法を獲得する。また、取組の成果の適確なプレゼンテーションや他者の取組の中から重要な事項を把握する方法を習得する。
授業計画 【単元】実習校との関係作り
1.オリエンテーション
2.事前訪問・打合せ①
3.事前訪問・打合せ②
【単元】追究テーマの明確化
4.先行実践例の学習
5.テーマ検討①-テーマを絞り、選択理由を明確にする
6.テーマ検討②-候補テーマの中から優先するテーマを選択する
【単元】具体的実践計画の策定
7.具体的実践計画の提案・討論①-第一次案の作成と相互検討
8.具体的実践計画の提案・討論②-細部の検討
9.実践計画仮案の作成
10.実習校に対する具体的実践計画の説明
11.実践計画の提出
【単元】実践とリフレクション
12.~23.(適宜振り返りと検討の時間を設定する)
【単元】取組の成果と課題のまとめ
24.資料・記録の整理
25.取組の経緯の取り纏め
26.成果の確認と記述
27.成果報告会の準備
28.~29.成果報告会
30.最終報告書の作成
受講要件 基盤実習を終了している学卒大学院生
テキスト 必要に応じて配布
参考書 必要に応じて紹介
予習・復習について
成績評価の方法・基準 実習中の活動、成果報告の内容及び最終報告書を手がかりとして総合的に判断し、S~Dで判定する。
オフィスアワー メールでアポイントを取る
担当教員からのメッセージ 本専攻での学びを形として表し、これからの大学院修了の新人教員にふさわしい力量をぜひ身に付けたい。