平成28年度 共通科目 授業風景(その6)

平成28年7月26日 授業形態の特質と選択 発話分析最終プレゼンテーション

6月15日にM2の高木先生が富士市立広見小学校で行った研究授業で、子どもたちの各班での話し合いをすべて録音してテープおこしを行い、グループに分かれて発話分析を行いました。子どもたちの話し合いを細かく分析し、そこから見えてくる学びの実態を考察することで、今まで気付かなかった話し合い活動の特徴や課題をつかむことができました。

lesson_07_04

平成28年度 生徒指導支援領域 授業風景

平成28年7月14日 大里東小学校 道徳の教科化に向けての提案授業

生徒指導支援領域では、次期学習指導要領で特別教科化される道徳の授業の在り方について学んでいます。この日は、石田先生が自ら提案授業を行い、大里東小学校の先生方と院生とで意見交換を行いました。

lesson_07_03

平成28年度 基盤実習 事後研修

平成28年7月6日 「ムンド・デ・アレグリア」訪問 事後研修

6月29日に訪問した、浜松の外国人学校ムンド・デ・アレグリアでの基盤実習を受けて、事後研修を行いました。「リミテッド・バイリンガル」などバイリンガルにもいくつか種類があることやその背後には教育的問題が潜んでいることなど多くのことを知りました。それらの資料を基にジグソー法を用いて話し合うことで、教育的支援の具体策や多文化共生社会の在り方について、深く学ぶことができました。

2016_fp_17

平成28年度 共通科目 授業風景(その5)

平成28年7月12・19日 元教職大学院教授長崎先生による集中講義

教育方法開発領域の授業で2週にわたり長崎先生をお迎えしました。教育の目的とは何か、評価とはどうあるべきかなど、哲学的な見地から講義をしていただき、教育について改めて考えることができました。「なぜその教科を学ぶのか」といった教育の根本についての問いに教師として答えるべく、グループに分かれ、各教科の教育目的について話し合い、発表を行いました。

lesson_07_01lesson_07_02

平成28年度 基盤実習(その7)

平成28年6月24日 富士市立高校 「総合的な学習の時間 究タイム 中間発表会」

学校組織開発領域の基盤実習として、富士市立高校の視察に行きました。富士市立高校では生徒がグループごとに富士市の一地域を担当し、その地域を活性化させるために調査・提案を行う取り組みを総合的な学習の時間で行っています。地域の方々と高校生が一緒になって地域のこれからを考えている姿は、これからの学校と地域の連携を考えるうえで、とても印象に残るものでした。写真は院生が講師として生徒たちにアドバイスをしている場面です。最終発表会は9月29日です。

2016_fp_16