特別支援教育領域

2007年4月に、改正学校教育法が施行され、すべての小学校、中学校、高等学校で特別支援教育が始まりました。従来から対象とされてきた障害に加えて、学習障害児(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)等を含む児童生徒等に適切な教育支援を行うことが規定されたのです。このため、特別支援教育コーディネーターを始め、特別支援教育を推進するにふさわしい職能育成を図ることを目的とし、「個別の指導計画」の作成や推進を行い、関係機関との有機的な連携を図ることができる実践的能力の育成を目指します(学卒大学院生)。現職大学院生の場合は、学校・地域で特別支援教育に関するリーダー的役割を遂行することができる資質能力の育成を目指します。