教育方法開発領域

学卒大学院生には授業改善に貢献できるルーキーとしての力量を、現職大学院生には授業改善を企画・実践できるリーダーとしての力量を、身につけてもらいます。授業技術、授業分析、校内研修について実践的かつ専門的に学びます。仲間と大学院教員による深い協議と探求を通して、以下のような力量を身につけることができます。

  • 教育目標から学習指導案までを整合的に説明可能な形で展開すること
  • 教育目標に対して適切な授業形態や学習活動を設定すること
  • 授業の過程で学習者の状況を把握し、授業計画を修正していくこと
  • 自分自身の授業を振り返り、そこから課題を見つけ解決していくこと

領域別科目

こちらをご覧ください。