生徒指導支援領域

児童生徒個々の特徴をより正確に理解し、個と学級全体の成長を促進する学級経営を実現する力量や、児童生徒の発達上の問題・困難を的確にアセスメントして、早期に適切な対応を遂行することができる資質能力の獲得を目指します(学卒大学院生)。現職大学院生の場合は、児童生徒・保護者や同僚教員に対するコンサルテーションや校外専門機関とのコーディネーションを効果的に遂行できるリーダー的資質能力の育成を図ることをねらいとします。

具体的には、実際に小中学校に滞在しながら、相談室で子ども個々との関わりを継続して行ったり、ケース会議に参加したり、あるいは道徳や学活の授業を大学院の教員や実習校の教員とTTで実践し、それらを大学院の授業で振り返ったりすることを通して、子どもたちを理解し,支援するための確かな実践的指導力を身に付けることを目指します。