平成28年度 基盤実習(その6)

平成28年6月29日 学校法人ムンド・デ・アレグリア

浜松にある南米系の児童生徒が通う、学校法人ムンド・デ・アレグリアを訪問しました。授業体験・見学では、わからない言語の中で学ぶことの苦しさを体感することができました。

また、日本語の学び方は日本人と外国籍の方とでは有効な方法が異なるということも知りました。松本校長の講話からは、社会的な背景から設立までの経緯、外国籍児童生徒の教育の場や環境整備の必要性、子どもを一番に考える経営理念を知り、視野を広げたり、教育で大切にすべきことを再確認したりすることができました。

2016_fp_132016_fp_142016_fp_15