幼児教育分野

1 分野の概略

 幼児教育分野では,子ども理解に基づく支援や指導の背景にある理論の探究とともに,子ども,保護者,保育者を取り巻く激しく変化する社会の問題や課題(教育・保育政策,幼児教育の多様性,乳幼児の権利保障・擁護,子どもを取り巻く文化,保護者を取り巻く環境,学校種間の接続,ESD(持続可能な社会の担い手を育む教育)など)に焦点を当て,問題や課題解決に向けた高度な実践的指導力を身につける。

2 分野の授業科目とその内容

 必修科目が3科目,選択科目が6科目あり,授業科目名は次の通りである。

  • 分野必修科目
    • 幼児教育の現状と課題(2)
    • 乳幼児音楽概論(2)
    • 乳幼児の権利と幼児教育・保育(2)
  • 自由選択科目
    • 子どもの育ちと文化(2)
    • 乳幼児期の保育と音楽教育(2)
    • 幼児教育課程とESD(2)

 上記のうち,特徴的な授業科目の概略を以下に示す。

【乳幼児音楽概論】

 保育内容のうち領域「表現」の主に音楽分野に焦点を当て,乳幼児期の基本的な音楽的発達やその意味について,主として乳幼児の映像資料や文献,および観察などを通して学ぶ。また,乳幼児期の音楽的発達に関する関連分野の文献の輪読や検討を通して,この研究分野のこれまでの研究成果および研究の動向について理解する。それらの周辺学問分野を含めた理論的背景をもとに,実際の保育内容や乳幼児の発達と遊びを関連づけて理解を含める。

【乳幼児の権利と幼児教育・保育】

 子どもの権利条約における子ども,特に乳幼児の権利保障・擁護を具体化していくことは,幼児教育・保育分野における実践的・政策的な課題である。幼児教育・保育の実践や政策を,家庭教育や保護者の労働・生活との関連で捉えるとともに,人権・権利の主体者,そして社会の形成者として子どもを育てるという課題から評価し,構想する。

【幼児教育課程とESD】

 ユネスコスクール(ESDの推進拠点校)の実践の分析を通して,幼児教育の基本(「環境を通して行う教育」,「遊びを通しての総合的な指導」)を確認し,現代社会で必要とされる幼児教育の内容や幼児教育課程について考察していく。また,新たな知見をもとに,幼児教育,生活科,総合的な学習の時間におけるプロジェクト(単元)を作成する。

3 課題研究の特色

 課題研究では,学生の探究テーマに応じて,指導教員の指導の下でテーマを追究し,課題研究報告書としてまとめる。

 探究テーマの例として,次のようなものがあげられる。

  • うさこちゃんシリーズから見る子どもを取り巻く環境と子どもの成長:ブロンフェンブレンナーの生態学的モデルに基づく分析
  • アンカーポイントとしてのこども園の役割:清沢こども園の実践から考察して