令和元年12月 

師走です。学校では教員が走っています。大学院生は静大の坂を精神的な焦りを伴いながら走っています。M1は初めて取り組む研究の「迷いの森」に突入している人が多く、M2は成果報告書の執筆に追われています。

12月もアクティブな授業が多く、そのうちの2つを紹介します。一つ目は、生徒指導支援領域の講義『子ども同士の人間関係を作るグループアプローチの開発』。 教授が高校で道徳の授業を行い、大学院生がファシリテーターとしてグループに入りました。「臓器移植・臓器提供」について高校生が活発に話し合う中、ファシリテーターがどう舵取りをするか。中立な立場を貫きながら、生徒たちの相互作用を促進することの面白さと難しさを考える機会となりました。

もう一つは、教育方法開発領域の講義『授業分析と校内研修の新たな展開』。グループ活動による建設的相互作用はどう生まれるか。与えられた難易度の高い課題(数学)を、院生が実際にグループで解いている時の発話を録音し、それを分析、そして発表。理解が深まる人と、理解が低いままの人の違いを、自分たちの会話から自分たちで発見できたことの学びは大きかったと思います。発見の例としては、解に結び付く過程を、自分の言葉で言い直せる人は理解が深まるが、「なるほどね」などの同調だけの人は理解が深まらなく分かったつもりで終わってしまう。解にたどり着かなくても、色々なパターンを考えたグループの理解度や定着は高い、等があります。この発見を学校現場でどう活用するか、院生の課題です。

【M1ストマスの声】

12月上旬に、生徒指導支援領域の実習があり、A中学校へ行かせてもらいました。A中学校に進学する4校の小学6年生が集まり、交流を深める会に参加するためです。児童たちはジェスチャークイズやダンスを通して、役割分担や表現方法などをグループで考えました。知らない児童同士がグループになるので初めは緊張していた様子でしたが、活動を通して表情が柔らかくなり、終わる頃には新しい友達ができて嬉しそうな姿が印象的でした。小中連携やファシリテーターの役割・方法を学ぶことができ、充実した実習でした。

「学級経営の実践と課題」の講座。小・中・高特でグループになり、課題と実践について発表しています。