「すべての子どもを対象とする包括的支援体制づくりに向けて」実践報告会

 11/22(木)に、大里生涯学習センターで「すべての子どもを対象とする包括的支援体制づくりに向けて」実践報告会が行われました。

 実践報告会では、「特別支援教育の視点を踏まえた今後の学校づくりへの課題」について、国立特別支援教育総合研究所 伊藤由美主任研究員に講演をしていただきました。その後多様化する子どもの学びのニーズに応え、学校と地域との緊密な連携協力関係の下でインクルーシブ教育システムの構築に結びつく包括的な支援体制づくりを進めている静岡市立大里中学校の実践発表が行われました。

 ラウンドテーブルで参観者の皆さんとディスカッションしたり、通級指導教室、ステップアップ教室、放課後サークル等を参観したりと有意義な研修を行うことができました。