ウェブサーバ再稼働について

注目

本サイトは仮想サーバで運用しています。バックアップスクリプトのエラーとアップデートが重なったことにより、バックアップファイルが失われただけではなく、サーバ・イメージで起動できなくなりました。

古いサーバ・イメージで再起動させて修復を行いましたが、完全な復旧は不可能なため、この機会に一部リニューアルを実施しました。残念ながら、投稿された複数の記事については、回復を断念させていただきました。

皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

6月 4領域基盤実習

6月は4領域すべての基盤実習が行われました。事前事後学習を行い、充実した実習にすることができました。

6月7日(水) 生徒指導領域 児童心理治療施設訪問

6月14日(水) 特別支援領域 静岡市立番町小学校通級指導教室訪問

6月16日(金) 特別支援領域 静岡視覚特別支援学校、静岡南部特別支援学校

6月21日(水) 教育方法領域 富士市立富士川第一小学校訪問

6月23日(金) 学校組織開発領域 富士市立高校訪問

生徒指導領域、特別支援領域では、一人ひとりの子どもに目を向け、発達や障がいの違いを理解し、支援することの大切さを学ぶことができました。また、教育方法領域、学校組織開発領域では、これからの社会に求められる学力を育成するための主体的・対話的な学習活動を参観させていただきました。大学院での学び(理論)と実習校での学び(実践)の往還を実感した1か月となりました。

【写真欠損】6月21日 富士川第一小学校での授業(6年社会科)

教育学研究科入試説明会

教職大学院では、以下の日程で入試説明会を行います。

日時: 7月29日(土) 13時より
場所: 教育学部L棟3階多目的実習室

教育研究科入試説明会日程
12:30 受付開始
13:00 全体説明開始
13:50 全体説明終了
・・・各専攻・専修説明会開催室へ移動(引率あり)
14:00 専攻・専修別説明会開始
終了次第解散

【資料欠損】

例年、教職大学院では、専攻別説明会は専攻長等による全体説明の後、領域ごとに入試・広報部会の先生が説明を行っています。

皆様のご参加をお待ちしています。

学校組織開発領域 基盤実習「掛川市の学園化構想を学ぶ」

5月17日(水)に掛川市立原谷小学校、掛川市立東中学校に訪問し、学校組織開発領域の基盤実習を行いました。各校長先生や教頭先生より掛川市の学園化構想や小中一貫教育の将来展望について各校実践例を交えてお話を伺い、「地域に開かれた教育課程」を考える際の貴重な観点を得ることができました。掛川東中学校では修了生の澤瀬先生より「地域の教育支援と学校改善に関する試論」の成果報告をもとに大学院での学びと現場での取組を結び付けてお話いただきました。

掛川市立東中学校

【写真欠損】

掛川市立原谷小学校

H29年度 前期講義始まる

4月10日(月)より今年度の講義がスタートしました。今年度の入学者(M1)は23名です。それぞれの校種を混ぜたグループで討論しながら授業をすすめています。

【写真欠損】

火曜日4コマ 目指す学力とその評価

平成28年度 静岡大学 学位記授与式

「平成28年度 静岡大学 学位記授与式」

 平成29年3月23日(木)静岡市民文化会館 大ホールにおいて、平成28年度静岡大学学位記授与式が執り行われました。静岡県教育委員会派遣の教員17名および学卒大学院生5名の合計22名の修了生が、学位を授与され本大学院を巣立っていきました。4月からそれぞれの立場でこの2年間の学修成果を学校や地域に還元し、学校や教育委員会等で活躍されますことを、職員・M1院生一同心よりお祈り申し上げます。

平成28年度 静岡大学教職大学院 成果発表会

「平成28年度 静岡大学教職大学院 成果発表会」

平成29年3月4日(土)静岡大学付属静岡中学校において、平成28年度静岡大学教職大学院 成果発表会が行われました。2年間にわたり本大学院で探求してきた実践的研究の取組の経過、およびその成果を、M2の院生が各自の研究テーマに基づいて発表しました。静岡県教育委員会 太田修司 様をはじめ、現職院生の在籍校および実習の連携協力校等の関係職員、卒業生など多くの方々にご参加いただき、終日通して各会場の席は埋め尽くされ、今年度も有意義な成果発表会を執り行うことができました。

平成28年度 教育実践高度化専攻 1年次報告会

「平成28年度 教育実践高度化専攻 1年次報告会」

平成29年2月23日(木)に、静岡大学教育学部棟において、教育実践高度化専攻1年次報告会が行われました。院生全員が、この1年で学んだ理論を各自で解決したい課題と結びつけながら、現時点での研究テーマに関する考察や今後の研究の方向性などを発表しました。他領域の先生方からの助言をいただいたり、院生同士で意見交換を行ったりする中で、それぞれが来年度に向けての研究構想を深めることができました。

【写真欠損】